プラセンタはアトピー皮膚炎の救世士?!

プラセンタの驚きの効果は、アトピー皮膚炎まで、ともいわれています。
アトピー皮膚炎とは、肌に引き起こすアレルギー反応のひとつです。
皮膚の奥にある角質層の異常により、乾燥と肌のもつバリア機能の低下になります。

 

プラセンタ注射を週1回から2回の摂取を1ヶ月繰り返すことで、
プラセンタの角質層の再生機能がはたらきが作用。
アトピー皮膚炎の症状が緩和していくというのです。

 

長期にわたるステロイドによって破壊されてしまった細胞も
プラセンタの効果により正常の状態にもどっていくようなのです。

 

もうひとつ注目したいところ

プラセンタの自律神経のバランスを整えるという点です。
アトピー皮膚炎の苦しみはなんといっても、かゆみですよね。
そのかゆみが自律神経が整うことにより、異常興奮をおさえ、
かゆみを軽減するともいわれています。

 

なかなか治るのがむずかしいといわれているアトピー皮膚炎ですが、
もしかしたらプラセンタが救世士となるのかもしれません。
今後の研究開発には、注目です。